お問い合わせ

自宅介護の強い味方。清潔・安全・簡単設置のポータブル水洗トイレ『マイトワレ』でみんな笑顔に♪

2FもOK!どこでもラクラク設置可能

『マイトワレ』は、排泄物やトイレットペーパーを細かく砕いて汚水を排水主管まで圧送する排水圧送粉砕ポンプを採用しているため、細い排水管で建物の構造に左右されず流せるので、大掛かりな排水工事は不要です。
ベッドサイドや空いている2Fの納屋、クローゼットなど、お好きな場所にトイレを新設することができます!!

Case① ベッドの近くに本格的なトイレが欲しい

要介護状態の高齢者の場合、ベッドに寝ている時間や室内で過ごす時間が長くなります。寒さの厳しい季節になると、トイレに移動する際に寒い廊下で「ヒートショック」を起こす心配も出てきます。しかし、ベッドの隣簡単に設置できる『マイトワレ』があれば、こんな心配も無用。家族の手を煩わせることなく、自分で用を足すことができるかもしれません。
新設場所から戸外の汚水マスまでが遠く、排水管の勾配を確保できないケースでも、『マイトワレ』で採用している排水圧送粉砕ポンプ「サニアクセス3」なら、細い管を通して排水を可能にしていますので大丈夫です。

Case② 2階の納戸をトイレに改装したい

要介護状態の高齢者の寝室が2階にある場合、寝室から1階のトイレまでの距離が遠かったり、階段の昇り降りに苦労したり、通路が狭くて車椅子が通れなかったりすると大変です。そのようなケースでは、納戸などを改装して2 階にもトイレを設置するといいでしょう。子供部屋が2階にある場合にもおすすめです。
『マイトワレ』は「排水圧送粉砕ポンプ」を使用しているので、2階の納戸などをトイレに改装するのも簡単です。小口径の排水管を外壁に沿って設置するだで、2階の部屋から戸外の汚水マスまで汚水を送ることが可能になります。

Case③ 部屋のクローゼットをトイレに改装したい

3世代が同居するような大家族では、朝の決まった時間に、トトイレの前で“ 渋滞” が起こる心配があります。従来の重力式排水では、2階に設置したいトイレの位置と1階のトイレの位置が離れていると、配管の都合で増設できないことがありましたが、『マイトワレ』で採用している排水圧送粉砕ポンプ「サニアクセス3」は、細い排水管で汚水を圧送できるので設置場所を問いませんさらに洗面台も設置することが可能で、その排水も一緒にポンプに合流させて圧送することができます。「空いている部屋がない」という場合でも、クローゼット程度のスペースがあれば十分です。

取り付け事例

ページのトップへ戻る